最新求人情報 資料請求 新卒・中途採用・採用業務サポートのイープラネット 東海地区(愛知・三重・岐阜・静岡)の求人・人材リクルート・広告代理

採用に役立つ各種ツールをお届けします。
必要な資料にチェックを付けて、ご請求下さい。
※ご同業者様は送付をご遠慮する場合がございますのでご了承下さい。
※タイトルをクリックすると説明文が表示されます。

  • 新卒採用 新卒・中途採用・採用業務サポートのイープラネット 東海地区(愛知・三重・岐阜・静岡)の求人・人材リクルート・広告代理
  • ダイヤモンド就活ナビ2018就職モニターレポート3月調査+

    就職活動の進行状況は、「就職情報サイト等でのプレエントリー」(17卒:80.9%→18卒:76.0%)、「個別企業のセミナー・説明会参加」(17卒:74.9%→18卒:74.0%)が多数を占めた。次いで「大学キャリアセンター(就職部)が主催する業界研究セミナー」(17卒:65.7%→18卒:61.1%)、「就職情報会社が主催する業界・合同セミナーに参加」(17卒:75.7%→18卒:49.2%)が続き、プレエントリーとセミナー参加をメインに動いている様子がうかがえる。全体的にはほとんどの項目で数値が減少しており、前年よりやや進行が遅い傾向が見られる。・・・・・

  • 「採用充足率の高い企業施策とは」+

    17年卒の企業新卒内定状況調査によると、採用充足率(以下、充足率)は87.7%で、前年の86.3%と比べると、わずかですが高い値でした(充足率=内定者数/募集人数)。また、内定者数の前年採用実績数比は+0.2%で、すでに前年実績数分の内定を出し終えていることになります。調査時期が前年より10日ほど早かったことを考えると、これらの数字は、企業の採用活動の進捗状況が、全体で見ると前年よりもやや順調であることを表していると言えるでしょう。しかし、「前年より厳しかった」という印象を持つ企業は41.9%で、「前年より楽だった」という印象を持つ企業の8.4%を大きく上回っています。・・・・・

  • 2018年卒 マイナビ大学生 広報活動開始前の活動調査+

    ・インターンシップ参加率は前年比+3.1ptの65.2%と、5年連続の増加となった。
    ・平均参加社数も前年比+0.2社こちらも増加している。
    ・但し、参加社数分布では5社以上が前年比+1.9ptの17.9%となり、一部の学生がより積極的に参加する傾向にある。
    ・参加時期は去年に引き続き、2月が最も多いが、最も印象に残った企業は8月の割合が高い。
    ・参加した業界は「食品・農林・水産」「銀行・証券」、「ソフトウエア・情報処理・ネット関連」が多い。
    ・参加した企業への印象は「良い方に変化し、その企業で働きたいと思った」が59.7%と高い。
    ・学生の8割はインターンシップ参加企業の選考を最低1社は受験予定。
    ・インターンシップが新卒採用の選考と直結することを望む割合は65.1%で、賛成派がやや多い。・・・・・

  • 18年卒の新卒採用マーケットの戦略トレンド +

    昨年から新卒採用のマーケットは、かつてないほどの短期決戦となっています。
    短期決戦になればなるほど、当然選考過程において応募してくれた学生のロイヤリティと自社への就業意欲を高めていく作業をすることが必須となるため、昨年からこの「マッチング」が非常に重要となっています。
    トレンドというか、もはやどの企業においても採用活動の頼み綱が「マッチング機会」となっています。そのマッチング精度を高める施策について検討する必要があります。
    では、企業規模や採用競合に志望先として優先度を高めるためには必要なことはなんでしょうか?・・・・・

  • 敗者復活制度 事例+

    入社面接試験、落ちても再挑戦可能…大和ハウス

    大和ハウス工業は、2018年4月入社の新卒社員採用で、面接試験の合格ラインに達しなかった学生が選考期間内なら何回でもチャレンジできる「敗者復活」制度を設ける。
    建設業界では人手不足が深刻化しており、優秀な人材の取りこぼしを防ぐ狙いがある。
    技術職は1次面接から、営業職は2次面接から導入する。大和ハウスでは採用試験で数段階の面接を実施しており、不合格となっても、希望すれば同じ段階から面接を受けられる。社内で設定した合格ラインは変更しないが、学生が自らの課題を見直せば、次の段階に進むことができる。
    再チャレンジ制度と同時に、4月下旬からは学生の保護者向けの説明会も開く。就職活動に保護者が関与するケースが増えており、内定後に反対されて辞退するケースを防ぐためだ。

  • 2017年卒マイナビ企業新卒内定状況調査+

    内定者数は前年入社実績数にほぼ到達するも目標には届かず。採用充足率は87.7%
    今年(17年卒)の募集人数及び調査時点の内定者数と、前年(16年卒)の入社実績数を比較すると、全体の平均で前年実績比13.9%増の採用数を目指して募集を行ったが、内定者数は前年実績数にほぼ到達したところ(前年実績比0.2%増)だったことがわかった。前年並みの採用数は確保したが採用増の目標を達成するのは難しい状況だ。採用充足率は87.7%(対前年1.4pt増)だった。
    業界別で見ると、マスコミは13.5%の採用増を目指してすでに10.3%の採用増を達成しているが、製造は4.1%の採用増と低めの目標設定に対し内定者数は前年実績数に2.2%足りていない状況だ。採用増の目標設定が高かった小売(前年実績比21.9%増を目指して現状0.8%増)、サービス・インフラ(前年実績比20.8%増を目指して現状0.6%減)、ソフトウエア・通信(前年実績比19.8%増を目指して現状0.9%減)は、それぞれ前年実績数に届くか届かないかという状況だ。

  • 2017年卒 8月 学生就職モニター調査+

    活動終了学生の85.6%が自身の就職活動に「満足している」と回答。
    2017年卒学生の内定率は、8割近くまで上昇し(2017年卒マイナビ大学生就職内定率調査8月)、モニター学生の活動も収束に向かっている。就職活動を終えた学生と、調査時点で活動を継続している学生に分けて行動量や満足度を比較すると、活動終了学生のほうが個別企業セミナー以降の参加社数が多く、活動に対する満足度も高い。また、入社予定先企業を決めた学生に対して、決めたときに保有していた内々定の社数を尋ねたところ、2人に1人が複数社の内々定を保有していたと回答した。内々定辞退に関しても、内々定保有学生の過半数が経験していた。

  • 中途採用 新卒・中途採用・採用業務サポートのイープラネット 東海地区(愛知・三重・岐阜・静岡)の求人・人材リクルート・広告代理
PAGE TOP 新卒・中途採用・採用業務サポートのイープラネット 東海地区(愛知・三重・岐阜・静岡)の求人・人材リクルート・広告代理
資料請求 新卒・中途採用・採用業務サポートのイープラネット 東海地区(愛知・三重・岐阜・静岡)の求人・人材リクルート・広告代理 採用サポート サポートの流れ 新卒・中途採用・採用業務サポートのイープラネット 東海地区(愛知・三重・岐阜・静岡)の求人・人材リクルート・広告代理 採用サポート サービスの内容 新卒・中途採用・採用業務サポートのイープラネット 東海地区(愛知・三重・岐阜・静岡)の求人・人材リクルート・広告代理 採用サポート 採用業務アウトソ−シング 新卒・中途採用・採用業務サポートのイープラネット 東海地区(愛知・三重・岐阜・静岡)の求人・人材リクルート・広告代理 プライバシーマーク 新卒・中途採用・採用業務サポートのイープラネット 東海地区(愛知・三重・岐阜・静岡)の求人・人材リクルート・広告代理 愛知県ファミリー・フレンドリー・マーク